見出し画像

【ありがとうございました!】T-ROOMオンラインフェス終了!

2020年12月から開始した、富山県初のオンラインコミュニティ事業「T-ROOM」の今年度の集大成イベント『T-ROOMオンラインフェス』が2021年3月28日に開催しました。東北、北陸、信越、首都圏、関西、九州など全国から富山県出身者や富山県に関心を持つ方々、1部・2部に約100人が参加して下さいました。本当にありがとうございました!

◆第1部:松本恭攝さん(ラクスル株式会社 代表取締役CEO)講演

富山市射水市出身の松本恭攝さんに「仕組みを変えれば、”富山”はもっと良くなる」と題してオンラインで講演して頂きました。ラクスルが印刷・メディア・配達業のこれまで慣習とされていた仕組みを変えることで革新的なビジネスを展開してきたことを例に挙げて、あらゆる分野で仕組みを変えることで新しいビジネスが生まれることを提言して頂きました。富山県で全国から注目されると思われるコンテンツや富山県の課題や学生への就活アドバイスなど参加者からの質問に答える形で意見交換しました。
また、1・2部の進行は富山市出身のモデル・森川藍子さんが担当しました。

◆第2部:ゲスト交流会

Zoomブレイクアウトルーム機能を使って、ゲストと参加者が小グループに分かれてテーマごとに交流する会を開きました。新田八朗さん(富山県知事)と「富山×ワクワク」、イナガキヤストさん(フォトグラファー)と「富山×絶景」、若鶴酒造さんと「富山×食・酒」、中川めぐみさん(釣りアンバサダー)と「富山×観光」、簔口恵美さん(ガイアックス)と「富山×働き方」について話しました。
それぞれのグループのモデレーターに、島田勝彰さん森川藍子さん徳田琴絵さん金谷智さんに務めて頂きました。
そして、スペシャルゲストにこの度、農業にチャレンジするため富山県にUターンしたパークマンサーさん(アーティスト)を招いて和やかに進行しました。

ゲストにちなんだ富山県クイズ大会も開き、全問正解者に富山の逸品をプレゼントされました。意外と難しい問題で全問正解者が6人しか出ませんでした。パークマンサーさんの進行で盛り上がりました!

◆2021年度も「T-ROOM」は続きます!

初めての試みで試行錯誤でしたが、概ね皆さんの反応も良く、事務局はホッと胸をなでおろしています。ゲスト参加のみなさん、モデレーターのみなさん、運営メンバーのみなさん本当にありがとうございました。
T-ROOMは2021年度も継続します。コロナ禍の中で始めた事業でしたが、オンラインだからこそ全国の新たな人と出会い、交流できた機会となりました。T-ROOMはまだまだ登録者を募集しています。富山県出身者、富山県に興味を持つ人、地方創生に関心がある概ね20~30歳代の方を募集しています。更なる出会いに期待します。引き続きよろしくお願いいたします。
※新聞記事は2021年3月29日掲載・北日本新聞です。

【T-ROOM登録申し込みはこちら!】【T-ROOM登録・Facebookグループについての詳細はこちら】

5
「富山県を盛り上げたい」全国にいる”とやまを想うわたしたち”がつながることが新しい富山を創る力になるのでは?そんな想いで、富山県とつながる若い世代のオンライン交流コミュニティ!主催:富山県、事務局:北日本新聞東京支社、mail:t.room.board@gmail.com