見出し画像

清瀬 史さん(1010株式会社)

清瀬 史、1010株式会社(東京都新宿区) 代表取締役社長
富山県南砺市出身、東京都目黒区在住

◆自己紹介(T-ROOM運営協力メンバー)

都内でWebサービスの企画・開発・運営を行う会社を経営しています。映画『ビリギャル』の原作の出元となった人生投稿サイトSTORYS.JPや、オンライン飲み会サービス『たくのむ』を運営しています。

◆富山と私の関係

富山を離れて今にいたるまでを簡単に記そうと思います。富山県立南砺総合福野高校を卒業後、前期試験は不合格で後期試験で静岡大学工学部に入学しました。 工学部は自分の趣向に合わず、四年生になる前に自分探しのため休学。10ヶ月ほどアメリカに留学させてもらいました。アメリカで人生を振り返る中で1つの記憶を思い出します。小学生の頃に酷く悩んでいたころ、同じく悩んでいる人の存在を知って悩みが和らいだことがありました。人の経験談は、その人の生きた証でもあるし他人を支える力もある。その気づきから人の人生経験をうまく共有できるサービスがあれば、いろんな人が生きやすくなると思い経験を共有・蓄積するWebサービスが作ることを思い立ちます。

留学から帰国後、日本にはそのようなWebサービスがまだなく起業することを決め、卒業後に上京しました。日雇いのバイトをしながらWeb開発の勉強を独学で行っていたところ、この構想に非常に近しいサービスが生まれ話題を集めていました。ようやく見つけた自分のやりたい事を他の人がやってしまっていた悔しさは相当なものでしたが、その会社に無給インターンとして入社し、その事業を引継ぎやがて社長として独立しました。それが現在運営しているSTORYS.JPです。

私がSTORYS.JPの社長となってからしばらく月日が流れましたが、マネタイズに苦戦します。STORYS.JP以外に何か強いキャッシュエンジンを作る必要を感じていたところに思いついたのがオンライン飲み会サービス『たくのむ』です。離れた人との交流を可能にするオンライン飲み会サービスですが、これは上京した私が富山にいる家族とずっと離れており、そのことを気にしていたのが、着想のきっかけの1つです。

やがてコロナ禍が始まり、構想状態だったものをちゃんと具現化しようと急ピッチで開発しリリースしました。リリース後、1ヶ月で100万人の方に利用いただき、 北日本新聞社 NHK, 日本経済新聞, 共同通信社をはじめ、TV, ラジオなど様々なメディアで取り上げていただきました。

まだまだ会社は小さくギリギリの経営ですが、もう31歳になり、家族や地元のことを考える時間も増えました。富山のためになにか自分が微力ながらも貢献できることがあればと思っています。

◆富山を魅力ある地域にするためには?

私たちはずっと人の物語を扱うWebサービスを運営してきました。なぜ富山から出て今の居場所にいるのか、どうして富山に来たのか、そのような富山と僕たちの間にある物語が浮かび上がること。それが、富山関係者の繋がりを深めるし、富山にいる人たちの挑戦を後押しするし、富山に人を惹き込むんだと思います。

そして、それはまさにT-ROOMがやろうとしていること。富山出身というだけで、なんか嬉しくなる僕らが、この取り組みを通じてうまく関われることで、富山は魅力ある地域へ大きく一歩踏み出すんじゃないかと思っています。

画像3

画像1

◆Contact

twitter https://twitter.com/kystks
facebook https://www.facebook.com/takashi.kiyose.10

◆LInks

会社HP https://1010inc.jp
運営サービス    STORYS.JP https://storys.jp/    たくのむ https://tacnom.com

【T-ROOM参加登録はこちらから!】




2
「富山県を盛り上げたい」全国にいる”とやまを想うわたしたち”がつながることが新しい富山を創る力になるのでは?そんな想いで、富山県とつながる若い世代のオンライン交流コミュニティ!主催:富山県、事務局:北日本新聞東京支社、mail:t.room.board@gmail.com